新しい選択肢を知り、自分の活躍できる場を。高専生に新たな選択肢を提供する起業家。-中村将大

更新日:

今回は、高等専門学校生に向けたキャリア支援事業を立ち上げ、高専生への支援に取り組まれる中村さんにお話を伺いました。「納得感のある意思決定のために、様々な選択肢を提供する」というミッションに取り組まれています。


「他者の意思決定に貢献したい」という思いに至るまでの「STORY」を伺いました。

現在取り組まれていること

現在取り組まれている事業や取り組まれる理由について詳しく聞かせてください。

中村:中村将大です、よろしくお願いします。



現在、「高専生(高等専門学校)のキャリア支援サービス事業」に取り組んでいます。具体的に2つのことに取り組んでおり、一つはキャリアに関する座談会の開催、もう一つは企業との交流を目的とした座談会の開催です。



前者に関しては、OBから後輩に対して、高専生という枠に囚われないキャリアの考え方をレクチャーするなどしています。この取り組みの背景にあるのは、「高専生のキャリア」への問題意識と自分自身の「恩返しをしたいという気持ちです



私自身高専に通っていたので、その経験から、高専生のキャリアについてのリテラシーが高くはなく、就活において限られた選択肢の中でしか行動していないことに問題意識を持ちました。キャリアについての考え方を知らないために、積極的に行動をしない学生がほとんどで、一般的にはインターンシップへの参加が1社と高専生向けの合同説明会に参加するだけで就職活動を終えてしまいます。



彼らの熱量が上がったときの行動力は凄いと考えているんですが、企業やキャリアについて知らないがためにその熱量が発揮されていないのが現状だと捉えています。



そこで、僕たちOBが高専に直接出向いて自分たちの経験・大学生のキャリアの現状・持つべき考え方を提供することで、彼らの就活に対する熱量を高め、自分のキャリアについて考える機会を提供しています。



企業の座談会は、就職活動ではさまざまな企業の情報を知る必要があるのに対して、自分たちも学生であるため社会に精通している訳ではないので、実際に企業の方に参加していただき企業の情報を知る場所を提供する目的で開催しています。



これらの活動のもう一つの背景は、先述した通り「恩返し」です。「自分が良い影響を受けたことに関して、今度は自分が良い影響を与えたい」と考えています。



学生と接していて「この人にはもっと良い選択肢があるのではないか?」と感じることは多々あるんですが、友人など周囲からもらった良い影響を今度は私から次の世代に発信していけば、みんなが良い状態になる可能性があると思っています。



多くの高専生が就活や人生の選択において、納得感を持てるようになってほしいです



たとえ結果が同じでも、様々な選択肢があることを知り、自分の意志で選択できるだけで納得感があると思います。私の支援によって納得感のあるキャリア選択をしてもらうことが、「自分が与えてもらった影響」に対する恩返しではないかと考えています。



「高専生のキャリア」に対する問題意識 

「高専生のキャリア」に対する問題意識がどのように生まれたのか、高専生時代の中村さんの経験を伺いました。


中村:私の大学編入経験からです。私は高専で電気情報工学を学んでいたんですが、その中で「いま学んでいる技術がどう使われるのか?」ということに興味を持ち、友達に紹介されたキャリアイベントに参加しました。



そこで初めて、高専では一般的な理系就職以外の価値観に出会い、大学と高専の違いを知りました。そこでの気づきは、大学生の方が良くも悪くも「自分の人生に対して責任を持ってスケジュールを決めているな」ということです。



高専は1~4限まで授業が決められている一方、大学では自分の裁量で授業を決めることができます。大学という環境では、キャリア選択の面でも自分の軸に合うようなキャリア選択を自由に選べる環境であると感じました。



しかし高専でのキャリア選択は、「電気系を勉強していたら関連する会社に行く」というように、狭い範囲・選択肢の中でしか選択をしない人が多くいます。



「一見自分の専攻と違う会社でも関連性が強い」会社はいくつもあるのに、高専生は様々な選択肢の中から選ぶことができないというのが現状です。



そういった、彼らがキャリアに関して知るべき情報にアクセスできないという課題解決をしたいと考えていたところ、自分が大学に編入したときに同じような課題感を持つ友人がいて、彼と一緒に「自分たちの力で高専の課題に影響を与えたい」ということで、「高専生向けのキャリア支援」を始めました。


「高専生のキャリア選択における選択肢の幅を広げる」ことを目標に活動されている中村さん。


現在の活動におけるモチベーションをお話いただきました。

中村: 先ほどの活動以外にも自分の後輩に向けたキャリア支援も行っているのですが、それと共通している思いがあります。



それは未来の自分が振り返ってもベストな選択をして欲しいという思いです。



私は支援している高専生や後輩たちを「今後も付き合っていきたい仲間」だと考えていて、大学在学中だけでなく就職してからも語り合いたい仲間です。彼らと数年後に飲みにいって話したときに、「あの部長が嫌いだ」「この仕事が辛い」という話ではなく、有意義な話をしていたいと思っています。



だからこそ、仲間には人生においてベストな選択肢を取ってほしいんです。彼らが働き出した後でも「就活しているときに戻っても同じ選択をする」と言ってもらうことをモチベーションに活動を行っています


人との出会いで
選択肢を広げた高専時代

他者に対して提供したいという中村さん。


その背景にある「恩返しをしたい」「仲間を思って支援したい」という思いについて、過去を振り返っていただきました。

中村: 高専時代、寮生活・部活・研究室の三つのコミュニティーで今の自分に繋がる体験を得ました。



まず寮生活なんですが、私の入っていた寮はとても厳しい寮で、先輩である役員の監視があり、何か不手際があると怒鳴られ、時には手を上げられるような環境だったんです。自分たちが進級し役員になったときに、恐怖や暴力を使った指導から、そうではないマネジメントしていこうという形になりました。



そのために、後輩たちにどういう価値を与えていくかという議論に初めてなり、後輩たちにどうなって欲しいかと考えながらマネジメントするべきだという方針が生まれました。彼らにとって本当にためになることをすることが、1番良くてかっこいいと思えました。



例えば、挨拶一つでも、今までのように先輩の外圧でやらせる挨拶よりも、挨拶をする意味を考えさせて後輩が能動的に挨拶出来るようにする。今までの厳しいルールの中で、時代に合わないものは切り捨てながら、意味のあるものは行う意義を再定義しながら、寮生活をマネジメントするためのルールを作っていきました。



この経験によって自分の「他者軸」を形成することが出来たと思っています。寮生活を始める前までは、ある意味自己中心的で、他人のことよりも自分のワクワクすることに対して行動していたいと思っていましたが、寮生活を通して、他人のために考えることを体験をしたことによって、「他者のために行動する」という価値観を得ることが出来ました



今の「高専生に対するキャリア支援」という他者への視点に大きく繋がっています。



次に、研究室での体験です。ここでの体験は自分の人格を大きく変えてくれました。通常、高専の研究室は5年間ある中で4年生の頃から入ることになっています。



私は新しい技術に触れることが好きで、学外のそういったイベントによく参加していました。授業の実験の中である先生と話していて、「僕、リニアモーターカーの技術とかそういう新しい技術にとてもワクワクするんです」というような話をしたら、その方が超電導(リニアモーターカーなどに使用される技術)の研究をされていたんです。



2年生の時にその先生から「その実験をしないか?」と誘われて、その研究室で実験をさせてもらうことになりました。その研究室に入ったことで、高専の学会発表で1位を取らせてもらうなど大きな成功を経験することができました。



自分の高専入学という意思決定が成功につながったという成功体験が今でも自分の中で強烈に生きています



「自分はできる!」という強い感情を持ったことで、大学編入→起業という道へ進むための自信を形成することが出来たと思います。また、この研究室で様々なドクターと共に研究する中で、ドクターの持つベクトルと自分の研究に対するベクトルに違いを感じることができました。



そこで、自分の技術を扱うのではなく、どう使うかを考えたいという軸に気づき、大学編入という意思決定をしました。


中村:最後に陸上部での経験です。そこでの経験から、「他者に対して真剣に向き合い、徹底的に助けになる」という考えを持つようになりました。



現在の活動での「支援」の部分です。部活は、体育会特有の人間の良さに触れさせてもらった環境でした。部活の顧問の先生は初見ではとてもインパクトが強くエゴのある人に感じられました。自分の考えを学生に押し付けているように見えることも多く、顧問に対して不満を持つ生徒もいました。



例えば、「うちは文武両道だから、もっと成績を上げないと部活停止だ」「お前は長距離じゃない、短距離をやれ」という具合に、自己の考えを学生に課すようなタイプです。よく言えば、管理してくれているという見方もできるのですが、部活をしたい人にとっては教師のエゴに見えます。



しかし、その先生が説いていた「こうあるべきだ」という指導が本当に自分たちのために言ってくれていると感じられるタイミングがありました。「先生の熱量の大きさ」を感じることが出来たからです。私は顧問と直接話したときに、「真っ直ぐさ」や「熱量」を感じたことが、顧問に対する見方が変わったきっかけでした。



私が大学編入をするかどうかの進路で悩んでいた時、とても多くの時間を割いて私の進路や想いと向き合い、親身に相談を聞きアドバイスして下さいました。これほどまで自分に時間や想いを使ってくれるのは、自分のエゴを押し付けたいのではなく私たちへの熱量が高いからだと気づきました。



「自分に対して親身になってくれる人」との出会いによって、「自分は恵まれている」と思うとともに、「他者を想える」ことに対して「羨ましい」という感情が自分の中で発生しました



この感情から、現在の「人を助ける」活動をするためのモチベーションが生まれたと思っています。


起業への道のり

中村さんの「他者を支援する活動」は、自分が他者との関わりの中で得たプラスの経験と強く繋がっていました。


その後、大学に編入し、現在のキャリア支援活動へはどのように至ったのでしょうか?

中村: 大学で今の自分や活動に大きな影響を与える友人との出会いが有りました。



「技術をどう使うか」「企業やビジネス」を学ぶために大学に編入してその友人と出会いました。その友達は自分と同じ高専の出身で、苗字やイニシャル、高専時代の学籍番号が同じ、ある意味運命的な出会いですぐに意気投合したんです。



彼とは、ビジネスのことから答えの出ない議論までずっと話していられる関係です。次第に、高専での話や高専生のキャリアに関する議論を交わし「この問題解決したいよね」「こういう価値を与えたいよね」という話をするようになっていきます。



お互い就活にも取り組み出す中で、ビジネス案を作り認められれば投資をしてもらえるというインターンで同じチームでグループワークに取り組むことになり、高専生向けのキャリアビジネスを提案して見事投資を勝ち取ることができました。



そのインターン企業から起業してもいいよという運びになり、やるかやらないか熟考する中で、やらない選択肢のリスクを考えたら投資を受けて起業した方がいいと考え、現在取り組んでいる「高専生向けのキャリア支援を行う法人」を立ち上げることになりました。


「キャリア支援事業」を立ち上げて現在で半年以上、事業を運営する中で困難や壁は存在しなかったのでしょうか?

中村: やはりそれは多くあります。その中でも大きい困難は、高専の学校自体に受け入れてもらえない、つまり学内に入れてもらえない実情です。



この場合、学内の近くのスペースを借りて「学生向けキャリアイベント」として集客をするか、学校の先生に電話で直接許可を取るといった方法をとりますが、やはり多くの高専生に自分自身の潜在的な選択肢に気づいてもらうにはこの課題を解決しなければならないと思っています。



さらに、「優秀だが自分の市場価値を知らない高専生」に対して、キャリアを知ってもらうためのブランディング、企業には高専生の能力に関するブランディングを行っているのですが、企業は高専生=エンジニアという固定観念を捨てきれずにいるのが現状だと感じています。



そのため、企業側から高専生に提示される選択肢はエンジニアのみという状況ですが、ビジネスサイドでも活躍できるような人材であることを知ってもらい新しい選択肢を作ってもらうことが現在の課題になっています。



事業を運営する上での課題は、高専生の就職市場自体が非常に小さいマーケットで、卒業生の約60%しか就職しないこと、また自分たちは九州地方と中国地方の一部にしかイベントを開催できていないことから、価値を拡大できてないことです。



これからより多くの高専生に波及させるために、Webを使って高専生の大学編入をまとめたサイトを新しく立ち上げています。このWeb事業には、全国に高専出身者の仲間を募るという目的も含まれています。



しかし、目標達成度としては、まだ1%も目標達成できていないと思っています。結局プログラマーとして企業から評価される高専生は多くいますが、それ以外の力は基本的に評価対象になりにくく、まだまだ課題の改善には程遠いからです。



この状態から「高専生の違った能力」を企業に評価してもらえる状態にしたいと考えています。


これからの目標とメッセージ

これからの事業の課題からこれからの目標まで話していただきました。


最後に中村さん自身の将来の目標と「潜在的な選択肢に気づけていない学生」へのメッセージを伺いました。

中村:自分が関わった人やお世話になった人全員が、「自分の意思決定に自信を持っている」状態にしたいと考えています。



そのためには、私が彼らに「新しい選択肢」を提示して影響を与える必要があります。



選択肢がない中での意思決定よりも選択肢がある中での意思決定の方が、同じ意思決定をしたとしても自分の決断に強い納得感を持つことが出来ます。そうすれば、皆活き活きしながらワクワクしながら働き、生きている状態を作ることができるのではないでしょうか。



学生に対するメッセージとしては、自分を取り巻く様々な人や物事を「自分の感情のガソリン」にすることで、例え取り巻くものがマイナスな事だとしても、自ずと選択肢が広がると考えています。



私の経験からいうと、「自分の考えを押し付けてくる先生」の自分に対するメッセージの真意に気づき、「ありがたい」という恩義の感情を生み出す。そして、生まれた感情を「自分のやりたいこと(私の場合は高専生への支援)」の熱量に変える。自分の周辺の人や物事、経験から感情を生み出してそれを熱量にして行動の糧にして欲しいです。



そうすれば、今まで気づいていなかった・新しく発生した選択肢や意思を得る事ができると思います。


様々な人との出会いによって、自分自身の選択肢を広げながら意思決定を行ってきた中村さん。今は中村さん自身が「新しい選択肢を提供する」立場になり、様々な人に影響を与えています。


この記事を通じて、「自分の進路に悩んでいる」「自分の納得のいく道に進みたい」と思う方々が、自分の気づいてない可能性に出会い、納得のいく道に進まれる事を願います。


中村さんが現在取り組まれている事業についての詳細を下記URLからご覧いただけます。


【事業URL】http://enm-wuks.com/

【事業Twitter】https://twitter.com/eNM176


-ARTICLE

Copyright© STORY Walker , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.